精力剤以外にもある夜の生活に役立つグッズ

精力剤は食品として販売されているものが多いですが、それ以外にもセックスに役立つものがたくさんあります。

医薬品としての精力剤
例えば、メチルテストステロンは食品には使えない成分のため、医薬品としての販売に限られます。それ以外にも、他の製品でよく使われているタウリンやマカ、亜鉛などを含んでいることがあるようです。

ED治療薬
シルデナフィルを有効成分として、男性器の勃起を促す医薬品です。多くの男性が利用しており、バイアグラやそのジェネリック製品、カマグラ、シアリス、タダリスなどたくさんのバリエーションが存在します。

あくまで血管に作用するだけのもので精力をアップさせる効果はありません。そのため精力剤としてカテゴライズするべきではないとも言われていますが、実際にはたくさんの方が混同していることが現状です。

単純に勃起にのみ効果があるため、「疲れをとりたい」といった方にはミスマッチな商品でしょう。

漢方薬
マムシやコブラ、高麗人参などを主成分としたもので、日本の法律上医薬品か食品のどちらかにカテゴライズされます。

夜の営みに役立つものは、精力剤だけでなくED治療薬や漢方薬など多岐に渡ります。それぞれ細かい作用や使い方などが異なるため、自分にマッチしたものを選んで役立てていきましょう。

精力剤の入手方法はインターネットがオススメなワケ

精力剤の入手はネット通販がオススメです。ドラッグストアだけでなくスーパーやコンビニでも買えますが、それらにはないメリットがたくさんあります。

購入方法が楽ちん
ネット通販のウリは手軽さです。店舗に足を運ぶことなく、自宅で簡単に買えます。アクセスの悪い地域に住んでいる方にとっては大きなメリットになるでしょう。

気恥ずかしさなく買える
「精力剤を買うことが恥ずかしい」と感じる方は多いはず。インターネットでは誰かと顔を合わせる必要がありません。また、中身が分からないように商品を発送してくれるサービスもあるため、家族に知られることなく買えます。

商品のバリエーションが多い
ドラッグストアと比べると圧倒的です。これは店舗の面積に縛られることがなくなるためです。また、インターネットなら時間をかけずに複数のサイトを移動できるという点も、充実した商品選びができるポイントになります。

価格がリーズナブル
これは実際の店舗と比較すると、土地や人件の費用がかからないためです。

精力剤はインターネットで入手しましょう。簡単気軽に買えますし、自分の気に入ったものが安く買えます。外に足を運ばず、自宅で楽々と夜の悩みを解決してしまいましょう。

精力剤の飲み方は2タイプに分けられます

夜の営みの強い味方になる精力剤。効果を最大限に発揮させるための飲み方をマスターしましょう。

飲み方のタイプによってタイミングを変えましょう
1)毎日飲んでいる
1度に一気に飲むのではなく、食事ごとに分けて使うと良いでしょう。これは、栄養素が一度に吸収できる量に限りがあるためです。とくにオススメは朝一番、水分補給をするタイミングです。代謝をアップさせ、スッキリと目覚められます。

反対に、夜寝る前はあまり好ましくありません。胃に物が入っていると眠っている間でも内蔵が働き、疲れが取れにくくなるためです。どうしても夜に飲みたい時は、睡眠から2~3時間のインターバルを取ると良いでしょう。

2)セックスの前にだけ飲む
布団に入る30分~60分前に飲むことが基本とされています。成分が吸収されるには多少の時間がかかるため、直前では効果があまり期待できません。また、錠剤やカプセルの場合はさらに消化に時間がかかります。これらを使う場合は、もっとも吸収力が高くなる夕食前に飲むと良いでしょう。

精力剤を使うポイントは飲むタイミングです。毎日飲むか、セックスの直前だけに飲むかによって変わるため、自分に合った使い方を見つけ出しましょう。

サプリメントでも起こり得る【精力剤の副作用】

食品として流通している精力剤は副作用がないと思われがちですが、それでも人によっては起こることもあるようです。

過剰摂取は厳禁 成分別の副作用
1)マカ
精力増強だけでなく滋養強壮や不妊・更年期障害の改善などさまざまな効果がある栄養素ですが、とくに女性ならではの副作用があるようです。ホルモンバランスの変化から生理周期のズレ、基礎体温の乱れ、下痢、下腹部の痛み、頭痛などが起きることがあるようです。

2)クラチャイダム
マカよりも強い精力増強効果があると言われているもの。ショウガ科の植物のため、アレルギーを持っている方は使わないようにしましょう。

3)アルギニン
アンチエイジング効果もある栄養素ですが、過剰摂取で胃痛や下痢を引き起こすリスクがあります。また、子供の頃に使いすぎると、成長ホルモンが異常をきたしてしまうことも。

4)シルトニン
血流改善によって精力だけでなく筋肉や冷え性、疲労にも良い効果が得られるものですが、血管に病気がある方は使用に注意が必要です。例えば、降圧剤を利用している方は急激な血圧の低下を招いてしまうことがあります。

医薬品ほど強くはないものの、食品として販売されている精力剤でも副作用は起こりえます。何より大切なことは過剰摂取を避けることです。また、何か薬を使っている方は、使用前に必ず医師に相談しましょう。

3つの視点からみる【精力剤の選び方】

今や数々の商品が販売されている精力剤。自分にマッチしたものを見つけるには、さまざまな角度で製品を吟味する必要があるでしょう。

価格
毎日習慣として飲み続けたい方にとっては、大きなファクターになるはずです。平均的な相場は、1ヶ月で約5,000円ほどと言われています。精力剤は価格の幅が広く、リーズナブルなものなら2,000円台、高級品なら10,000円を超えることもあるようです。

注意したいポイントは、高いからと言って必ずしも効果が見込めるとは限らないということです。インターネットのレビューや口コミなどを利用することが、本当に良い商品を見つけるコツになるでしょう。

使いやすさ
男性器に直接塗るタイプ、体内に服用するタイプがあります。後者はさらに錠剤、カプセル、ドリンクなどとバリエーションが豊富です。セックスの前に使いたいか、常用したいかなどでチョイスの仕方が変わるでしょう。

成分
マカやクラチャイダム、アルギニンなど、精力を改善する成分はさまざまな種類があります。それぞれ強度に差があるだけでなく、疲労を回復したり、筋肉の増強が見込めたりなど他の効果もあるため、それらを加味して選んでも良いでしょう。

精力剤はさまざまな観点からチョイスできます。「とにかく効果が高いものが欲しい」「いっしょに筋肉を鍛えて男らしさを磨きたい」など、自分にマッチしたものを買って、より良い夜の営みを築いていきましょう。